イタリアンのマナー(ピザ)の説明

イタリアンにおけるマナー

イタリアンを食べる時には、フランス料理を食べる時のように細かなマナーを気にする人はあまりいません。
これは、洋式のマナーが浸透してきているとも言えますが、イタリアンはフレンチよりももっとカジュアルなお店が多く、誰もが簡単に行けて、食べることができるお店であるというイメージが定着してくれているためとも言えるのです。
但し、イタリアンにももちろんマナーというものがあります。
本場、イタリアに行ったら、そのマナーを少しは知っておかないと失礼なことにもなり兼ねませんので、きちん正しい知識を得た上で美味しくいただくことが大切なことになってきます。
ですから、イタリアンのマナーというものもきちんと理解しておくことが大事になってきます。

気になるピザの食べ方

イタリアンもフォークとナイフを使いますので、フレンチと同じような洋式の料理であり、マナーであることは違いありません。
そんなイタリアンで気になるのがピザの食べ方に関するマナーになってきます。
日本では、ピザは大勢で手で食べるものという感覚になっていますが、実際にイタリアで料理として出された時には、どのように食べればいいのか、そして、デリバリーなどではなく、お店で注文してピザを食べる時には上に載っているチーズなどの具材を落とすことなく、綺麗に食べるにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。
洋式のテーブルマナーで考えるとピザを手でとることはNGではないかと考えがちですが、実際には手でとって食べてもOKなのです。

マナーは感謝

ピザは決してフォークとナイフを使わなくても手でとって食べても良いもので、1切れ取って、自分のお皿に持っていき、それを少しずつ食べることがマナーと言えます。
ピザを取った時にチーズが垂れそうであれば、フォークで巻き取って一緒にお皿に移すことが綺麗に見えますし、落とした具材なども後からフォークですくって自分のお皿に移せば綺麗になります。
手で食べても、フォークとナイフを使ってもどちらでも間違いはありませんが、大皿から一気に口に運ぶのではなく、一度自分のお皿に移してからゆっくりと食べることが最低限のマナーと言えるのです。
この点から考えると、難しい決め事があるわけではありませんが、どの国の料理にも言えることですし、作ってくれた料理人の方、その料理を提供してくれたお店への感謝の意味も考えると綺麗に食べて、お皿を返すことが何よりも相手を気遣ったテーブルマナーになることであると言えます。

http://www.owvo.jp/

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Uncategorized

イタリアンのマナー(ナイフの使い方)

イタリアンのマナー(ナイフの使い方)の説明 ナイフを持つ手に注意 イタ 続きを読む …

Uncategorized

イタリアンのマナー(スープ)

イタリアンのマナー(スープ)の説明 音を立てずに飲むのが基本。 イタリ 続きを読む …

Uncategorized

イタリアンのマナー(スプーンの使い方)

スプーンが活躍する場面 イタリアンのコースでスプーンが活躍する場面は、 続きを読む …