イタリアンのマナー(食べ始めと食べ終わり)の説明

食事前は荷物の扱いに注意

イタリアンのレストランに足を運ぶ際に、まず最初に気を付けるべきなのは荷物やコートの扱いです。
店内にまで荷物やコートを持ち込んで、座席の近くに置いておくのはテーブルマナーに違反してしまいます。
まずはレストラン側に荷物やコートを預けておくのがベストですが、小さなバッグであれば椅子の背もたれ部分に置いておいても大丈夫です。


そして次に携帯電話の電波を切るか、マナーモードにするといった対処をしてください。
よっぽど急ぎの用事でもなければ、食事中に電話に出てしまったり、SNSなどの返信をするのは失礼になってしまいます。
食事中に席を立つ回数を減らすためにも、トイレを事前に済ませておいた方が良いと考えてください。

ビールに合う美味しいイタリアン!神田のお店!

食事を始める時はナプキンの扱いに気を付ける

席に着いた後には料理が来る前にナプキンを広げる事になるのですが、その際には主客がナプキンを広げるまで待ってからにしてください。
お祝いの席であれば先に皆さんで乾杯をする事も多いので、まず乾杯を済ませてからナプキンを広げても問題ありません。
ナプキンを開く際には斜めに少しずらした二つ折りにしておくと、見た目にも美しいナプキンの広げ方になってくれます。
食事中にナプキンを使って口を拭く際には、二つに折ったナプキンの内側で拭くようにすると、ナプキンに付着した汚れを目立たせにくいです。
料理を口にするためにナイフとフォークを手に持つ際には、右手にナイフを持って左手にフォークを持つようにしてください。
ナイフを持つ際には人差し指が、刃の付け根部分に触れるように持つと、美しい持ち方をしているように見てもらえます。

ナイフとフォークを置く位置に気を付けてください

イタリアン料理を食べ終えた際には、ナイフとフォークを置く位置に気を付けなければ、お皿を下げて良いタイミングなのか店員が分からなくなってしまうので注意をしてください。
ナイフとフォークをお皿の真ん中に置いておくと、まだ食事中だと思われてしまうので、お皿の右端にナイフとフォークを揃えるようにしてください。
それだけで店員がお皿を下げてくれるようになり、後はお会計を済ませるだけでイタリア料理の食事を終える事ができます。
ナイフとフォークをお皿の右端に置く前に、ナイフに付いたソースなどを舐め取るのもマナー違反になりますから注意してください。
食べ終わった料理のお皿を重ねて、片付けやすいように並べるのもテーブルマナーに違反してしまいます。
レストランでの食事の後片付けは、全てレストランの店員に任せておいて問題ありません。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Uncategorized

イタリアンのマナー(ナイフの使い方)

イタリアンのマナー(ナイフの使い方)の説明 ナイフを持つ手に注意 イタ 続きを読む …

Uncategorized

イタリアンのマナー(スープ)

イタリアンのマナー(スープ)の説明 音を立てずに飲むのが基本。 イタリ 続きを読む …

Uncategorized

イタリアンのマナー(スプーンの使い方)

スプーンが活躍する場面 イタリアンのコースでスプーンが活躍する場面は、 続きを読む …