イタリアンのマナー(服装)の説明

カジュアルなお店とは分けて考える

イタリアンといえばパスタ店やピッツァのお店などをイメージされ、カジュアルな普段着で行ける気軽なお店を思い起こされる方が多いかもしれません。
もちろん、気軽な服装で行けるお店でも本格イタリアンを提供しているお店もありますが、イタリアの伝統の技を用いた本格的なコース料理を提供するお店に行くのであれば、服装についても考える必要があります。
イタリアンのコースはフレンチの原型などとも言われ、カジュアルイタリアンで供されるパスタやピッツァがメインでサラダとドルチェがつくような気軽なコースとは異なります。
見た目も美しく、あっさりとしたテイストの前菜にはじまり、旬の魚料理やフィレ肉などを使った上質な肉料理が提供され、パスタが出てもごく少量が美しく盛り付けられて登場します。
そんなイタリアンの本格フルコースを味わう場に合わせた、服装のチョイスが求められます。

エレガントに決める

本格的なイタリアンのフルコースが楽しめるお店は一流ホテル内のレストランや、お値段も高めで予約制の高級レストランなどが多く、敢えてドレスコードを設けていなくても、フォーマルな装いや品のあるエレガントな装いで出かけるのがマナーです。
イタリアは有名な世界的デザイナーやブランドも多く、高級レザーシューズなど小物にもこだわるお洒落な国です。
ですから、イタリアのファッションイメージに沿った、色遣いは少し華やかながらも、シューズに至るまで高級素材を使った装いがベストです。
男性ならスーツやスラックスにジャケット、しっかり磨いた革靴を身に着け、女性ならワンピースやイブニングドレスなどで上品に装いましょう。

http://alfo.alfortuna.net/

持ち物やアクセサリーやメイクにも気を配る

洋服だけ決めても靴が汚い、髪がぼさぼさ、メイクもせず表情が冴えないではせっかくのシーンも台無しです。
服装に気を配ったら、それに合わせて靴やバッグなどの小物やアクセサリーやメイクにも気を配りましょう。
男性は清潔感あふれるヘアスタイルと本革のビジネスバッグやポーチなど、女性は服に合わせてアクセサリーをチョイスし、華やかな小物使いがおすすめです。
メイクやヘアスタイルは派手すぎずも、品を備えたキュートさ美しさを演出しましょう。
ネイルにこだわるなど指先のお洒落もおすすめです。
ナイフやフォークを使う際、爪が美しいと手先に気を配り、よりエレガントな仕草で食事を進めることができるようになります。
男性も女性もコロンや香水は抑えめにし、ワインや料理の香りなどを邪魔しないようにしておきましょう。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Uncategorized

イタリアンのマナー(ナイフの使い方)

イタリアンのマナー(ナイフの使い方)の説明 ナイフを持つ手に注意 イタ 続きを読む …

Uncategorized

イタリアンのマナー(スープ)

イタリアンのマナー(スープ)の説明 音を立てずに飲むのが基本。 イタリ 続きを読む …

Uncategorized

イタリアンのマナー(スプーンの使い方)

スプーンが活躍する場面 イタリアンのコースでスプーンが活躍する場面は、 続きを読む …